外国人講師のレッスンが失敗する理由

本日は外国人講師の英語レッスンが失敗してしまう理由をご案内します。

 

英語の習得

 

英語という道具の使い方を習得することは簡単ではありません。道具はその名称や種類を知っているだけでは不十分で、使いこなせなければ意味を持たないからです。実際に使いこなせるレベルに達するためには「正しい学び方」がとても大切になります。

 

2つの要素をバランスよく

正しい学び方とは、「バランスの取れた学び方」です。何かが多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ、必要な技術をバランス良く調合することで効率よく学ぶ方法です。

子供英会話において私が考えるバランスの構成要素は以下の2つになります。

1、フレーズ練習(暗記)
2、仕組みの理解(文法)

この二つは、言語を効率よく学ぶためには切っても切り離せない関係にあります。

1のフレーズ練習(暗記)とは、教科書のフレーズをひたすら暗記することです。2の仕組み理解(文法)とは、フレーズの仕組みをきちんと文法的に理解することです。

英語学習の際にはこの2つをバランス良く学ぶことが必要不可欠で、どちらかにバランスがかたよってしまうと様々な問題が生まれます。

 

1にかたよったレッスン

 

1のフレーズ練習(暗記)にかたよったレッスンの問題は、「適応力がつかない」ことです。

学んだフレーズのオーム返しは上手くなりますが、初めての場面に直面した時に言葉が出てこないのです。

これは、場面場面に応じて道具を組み合わせる力が不足している状態です。文法をきちっと理解していれば、今まで学んだ内容を頭の中で組み合わせて対応することができます。

多くの外国人講師のレッスンは残念ながらこのタイプのレッスンにおちいってしまうため、なかなか適応力が身に付きません。

 

かたよってしまう原因

 

なぜ彼らのレッスンがフレーズ練習タイプにかたよってしまうのか、その原因は彼らが

①日本語で説明ができない(しない)
②日本語で確認ができない

からです。

文法を教えて更にきちんと理解しているか確認するためには母国語の力を借りることより有効な方法はありません。

残念ながら外国人講師にはこれができない(しない)ため、どうしても子供たちは仕組みがわからないまま、次へ次へとレッスンが進んでいってしまうのです。

つまり、外国人講師のレッスンでは、どうしても適応力を身に付けるのが難しくなってしまうのです。

勿論、日本語を使わずに文法を上手く教えられる先生もいらっしゃると思いますので、もしそのような先生が見つかったらその場合は外国人講師でも良いと思います。

 

レッスンをチェックする

 

外国人講師のもとでお子様が本当にバランス良く学んでいるかどうかを確かめる方法は、「レッスンの質がわかる魔法の質問」でご案内していますので是非合わせてお読みください。