リスニングはジャンル

リスニングの練習方法と言えば、「シャドーイング」「速聴き」など様々なものがあります。

向き不向きがありますので、どれが最も効果的かは一概には言えませんが、一つ確かなのは、どの方法であれ続けることが大事だということです。

毎日でも、週に一回でもとにかく継続して練習することが大切になります。

 

続けるために必要な要素

 

それでは、途中で挫折することなく続けるために必要な要素とは何でしょうか。

それは、

「あなたが好きなこと」
「あなたが知りたいこと」

に触れることです。

つまり、英語の音声教材ならば何でも良いということではなく、あなたが楽しめる内容に触れている教材を使うことが大切になります。

 

目的は情報入手


例えば私の場合、猫、音楽、健康、アジアの文化に強い興味がありますので、それらに関して触れている記事を選びます。

選んでいる時の気持ちとしては

「リスニングを練習するぞ!」

ではなく、

「何か新しい情報が聞けるといいなあ!」

です。

あくまでも目的は内容を楽しむこと、英語はそのための道具という位置づけになります。

 

知りたい、だから調べたい

 

メリットは続けやすいことだけではありません。もう一つの大きなメリットは、知らない単語が出てきた時に「調べたい」と感じられることです。

リスニング練習の際に、大きな壁として立ち塞がるのが、「意味のわからない単語」ですね。練習がマンネリ化してくると、それらの単語を調べるのが面倒になってくるものです。

しかし内容に興味のある記事であれば、それが「面倒」ではなく「知りたい」に変わります。知りたいと思って辞書を引けば、吸収率もぐんとアップします!

あなたもリスニング教材を選ぶ際には是非参考になさって下さいね。

それでは、あなたが一日も早く初心者を卒業されるよう応援しています!